韓国カジノの客層

韓国カジノの客層の傾向について

韓国のカジノは、ソウルや済州島などの限られた場所に集中しています。

 

そのほとんどが外国人向けとなっているため、韓国人が入場することのできる唯一のカジノ施設である「江原ランド」を除き、客層は(韓国側から見た)外国人が中心です。

 

こうした客層の9割程度は、アジア系の利用者が占めています。

 

やはり地理的な近さもあって、韓国に近い国や地域からの観光客が多くなっているのです。

 

具体的には、日本人、中国人、台湾人、香港人が大部分となっています。

 

特に日本人の利用者が多く、その割合は、韓国カジノの全利用者の半分程度です。

 

この多さの背景にある要因としては、日本人観光客向けの団体ツアーにカジノが組み込まれていることが挙げられます。

 

日本人と同様に、中国人の利用者の姿もよく見られます。

 

これは主に、近年の中国の経済的な発展を反映しています。

 

富裕層を中心として中国人のカジノ利用者が増加しました。

 

なお、中国人に関しても、団体ツアー参加者が多い傾向があります。