韓国カジノでのマナー

韓国のカジノのマナーについて

韓国カジノで遊ぶ際は、マナーにも気を付けなければいけません。

 

まず、韓国カジノは「写真撮影NG」という所が多くなっています。

 

ゲームで勝って盛り上がって来た時など、つい写真を撮りたくなってしまいますが、勝手に撮ってはいけません。

 

どうしても撮りたい時は、スタッフに許可を貰うようにしてください。

 

入り口付近とか、バー付近でしか撮影はできません。

 

また、飲食はたいてい無料となっていますが、だからといって食べすぎたり飲みすぎたりするのもいけません。

 

特に、アルコールに弱い人は、飲みすぎないようにしないと、他の客の迷惑になります。

 

タバコを吸う時も、注意が必要です。

 

昨今はタバコを吸わない人が増えているので、所構わずタバコを吸うのはやめましょう。

 

特に、禁煙テーブルでは絶対に吸ってはいけません。

 

そして、最も大事なマナーは「欲張らないこと」です。

 

ゲームが白熱してくると、どうしても欲が出てくるのでお金を注ぎ込みがちですが、あくまでも予算の範囲内で楽しむというのがスマートな遊び方です。

 

韓国のカジノには、いくつかのマナーがありますので注意下さい。

 

一つ目は、「テーブルでの写真撮影は厳禁」ということ。


入店してからの店内ではスマートフォンでの撮影や、ビデオカメラなどを使った撮影が禁止されています。

 

不正やプライバシーの侵害を防ぐことなどが目的です。

 

ですから、韓国のカジノ内でカメラを出すと、すかさずスタッフが止めに来ます。

 

日本人は旅行先で写真を撮るのが好きな人が多いですが、ここでは我慢しましょう。

 

また、お店の外から撮影するのもNGとなっています。

 

二つ目は、「一度置いたチップには触らない」。

ゲームが終わり、自分が勝利したという場合でも、買った分を上乗せしてディーラーが返して来るまでは触ってはいけないということになっています。

 

ディーラーの「No More Bet(ノーモアベット)」の声が掛かった時点で触れてはいけません。

 

たとえ自分がおいたチップでもです。

 

もちろん、自分のチップだということを示すのは問題ありませんが、その場合も触れてはいけないので気を付けましょう。

 

三つ目は、「ディーラーに手渡ししてはいけない」。

チップのやり取りだけでなく、現金をチップに換えてもらうという時でも、手渡しは不可となっているので、テーブルの上に置いてやり取りをするのがマナーとなっています。

 

現金をチップに両替するときは、必ずテーブルに置くことを心がけて下さい。