韓国のカジノの特徴

韓国カジノの主な特徴とは

韓国には、ソウル、釜山、済州島に合計で十数箇所のカジノがあります。日本から遠くまで行かずにカジノを楽しむことができるのが大きな魅力ですが、出発する前に頭に入れておきたい特徴がいくつかあります。

 

一つ目の特徴は、韓国のカジノが基本的に外国人向けであるという点です。

 

このため、日本人の場合も、入場の際にはまずパスポートを提示することを求められます。

 

二つ目の特徴は、通貨です。韓国のカジノでは、当然ながらウォンでチップを購入してからプレーすることになります。

 

よって、ウォンを調達する必要性が生じます。両替は、現地の空港などで行うのがよいでしょう。

 

三つ目の特徴は、服装です。韓国のカジノでは服装に関する規則がさほど厳しくなく、カジュアルな普段着でも入場することが可能です。

 

ただし、あまりにラフな服装だと、入場できないおそれもあります。

 

したがって、サンダル履きで短パンとTシャツなどしか着ていないような服装は避けるべきでしょう。

 

カジノの経験が無い人にとっては、人気のある店舗を見つけることは難しいと言われていますが、様々な旅行客の体験談をチェックすることにより、ゲームの種類が充実している店舗を選択することができます。

 

大手の韓国のカジノに関しては、多種多様な媒体で紹介されており、今や観光スポットの一つとして位置付けられています。

 

韓国のカジノを利用するにあたっては、現地の通貨の特徴についてあらかじめ確認をすることが良いとされます。

 

これからも、人気のあるカジノに通い始める人がさらに増えることが見込まれています。

韓国カジノの特徴について

韓国のカジノでは、韓国の通貨であるウォンを使用してチップを購入してプレイします。

 

入場料は無料となっています。

 

特徴として韓国のカジノは、基本的に外国人のために運営されているカジノとなっています。

 

なので入場時にはパスポートの掲示が必要となっておりパスポートが無ければ入場することは出来ません。

 

観光客などをメインとしているので日本語話せるスタッフが常駐しており言葉には困らないので安心してプレイすることが出来ます。

 

また、韓国全土には17ヶ所にありソウルだけでも3ヶ所あります。

 

多くのカジノが存在するため経営状態が良く賑わった所とそうでないどろころが存在します。

 

そのほかの特徴としては、料金が安かったりレートが低いことも揚げられます。

 

料金は、ウォンと日本円のレートがかなり低いため料金が安くなります。

 

韓国カジノでのミニマムベットとしてはルーレットだと2500ウォンやブラックジャックだと5000ウォンであったりスロットだと1ウォンだったりするのでとても安いです。

たくさんある韓国カジノの魅力

韓国カジノの魅力はまず何と言っても日本から近いことです。

 

ラスベガス、モナコ、韓国など世界に名だたるカジノも魅力的ですが、旅行代金や日数がかかってしまいます。

 

その点、韓国はお隣の国で飛行機で約2時間で行けますから、それらの心配は無用です。

 

韓国カジノのもうひとつの魅力は、日本人にとって非常に遊びやすい場所であることです。

 

日本語が通じるスタッフが基本的に常駐しており、場合によっては日本が話せるディーラーもいますから、安心して楽しむことができます。

 

また、これはホテルにもよりますが、韓国カジノではクレジットカード決済でのチップ購入ができます。

 

これも他国ではあり得ないことです。

 

日本円からウォンに替える手数料を考えれば、お得なシステムです。

 

そしてカジノといえばドレスコードがあるのが普通ですが、韓国ではそれがなく、ジーンズ、Tシャツ、スニーカーといったラフな服装でも入場できます。

 

但し、半ズボンにランニングにスリッパといったあまりにラフすぎる服装では入場制限される可能性が高いのでご注意を。

韓国カジノの魅力いろいろ

韓国のカジノには、日本人にとって魅力的な点が多数備わっています。

 

一つ目の魅力は、距離が近いという点です。

 

日本から飛行機で移動した場合、時間はわずか2時間ほどしかかかりません。

 

何しろ隣の国なので、移動はこのようにごく短時間で済みます。

 

二つ目の魅力は、カジノが高級リゾートホテルなどの中にあることが多い点です。

 

このため、充実した施設を利用しながら快適に宿泊しつつカジノが楽しめます。

 

カジノに行く際にもホテルを出る必要がなく、地理に不案内な場合でも安心です。

 

三つ目の魅力は、日本語を話すことができるスタッフのいるカジノが多い点です。

 

入り口の係員だけではなくディーラー自身が日本語に堪能な場合もあるので、特に初心者にとっては大きな安心材料となります。

 

四つ目の魅力は、チップを買うときにクレジットカードを使うことができる点です。

 

現金を韓国の通貨に両替する場合の手数料を考慮してみると、クレジットカードを使用した方が得になります。

東洋のラスベガスとも言われている韓国のカジノの歴史

韓国は中華人民共和国の特別行政区の一つで、2009年にはアメリカのラスベガスを抜き世界最大のカジノ都市となりました。

 

その歴史は古く約300年の歴史があり、韓国へ移住した建設業従事者や港湾荷役業従事者、家事使用人の間で最初の賭博が開かれたのが起源です。

 

 

その後、ポルトガルの植民地となってからも、政庁がカジノを合法化して、税収の確保と多角産業の育成を目的として発展しました。

 

19世紀には賭場が200店以上も存在し、政府の税収歳入の半分を占めるまでになったとのことです。

 

1937年には韓国のカジノ運営独占権を「泰興公司」の一社に委ね、1961年には入札の結果、スタンレー・ホー氏の率いる一社に引き継がれました。

 

2002年には新しくギャラクシー・カジノとウィン・リゾーツ社の二社にも開放され、その結果、2005年には1900万人と観光客が倍増した結果となりました。

 

人気のあるカジノは、駆け引き要素のない大小やバカラ賭博で、その他にスロットマシーンも設置されております。

 

その他に歴史があるドックレースも開催されており、競馬より人気となっています。

中国人が多い韓国カジノの客層

韓国のカジノには世界中から年齢性別を問わずたくさんの観光客が訪れます。

 

日本人の観光客も多いのですが、一番多いのは中国からの観光客で、大半を占めています。

 

店によって客層も様々であり、比較的落ち着いた雰囲気の外国人観光客が集まる店もあれば、少し年配の地元の人たちが少ない掛け金で遊んでいるような店もあります。

 

 

他にも上品な店や活気、熱気がある店、富裕層が集まる店などがあるので最初は何件か訪れだけでも韓国カジノが満喫できます。

 

また「カジノ・ヴェネチアン・韓国」では遊びやすいスロット以外にもコンピュータ対戦のバカラや大小があり、家族連れや女性客といった客層がメインなのでカジノの初心者でも安心して遊ぶ事ができます。

 

ヴェネチアン以外では歩いて回れる距離に集中しており、簡単にいくつかのカジノ店が見学できますが、基本的には広東語及び英語が共通の言語になっていますので、多少でも身につけてからの方が良いでしょう。

カジノで有名な韓国の楽しみ方

韓国はカジノが観光資源となっていますので、韓国を観光地に選ぶ人は少なからずカジノに興味があると言えるでしょう。

 

しかしながらそれほど広くはない韓国とは言え、営業しているカジノの数はそれなりにあります。

 

それらの中から何処を選ぶのが良いかはあらかじめ下調べをしておくのが良いでしょう。

 

数あるカジノの中で自分の旅行の目的に合ったところを選んでおくのが良いでしょう。

 

いわゆる有名なお店に行くのも良いですが、賭け金が大きすぎて見ているだけしかできないのでは折角カジノに着た甲斐がありません。

 

 

そのため観光地として有名になっている様なミニマムベットが低い場所を探しておくのが良いと言えるでしょう。

 

場所にもよりますが最低の掛け金は数千円になるのが韓国のルールです。

 

特に休日の掛け金は大きくなる仕組みになっているため、注意しなければあっという間に数万円が消えることになるでしょう。

 

一万円程度であれば10秒で消えてしまうこともあるのです。